妊娠中に足がつる原因と対処法

足がつる,受胎まん中,原因

 

受胎中頃の妊婦氏にありがちな見た目の一つに「足がつる」ということがあります。

 

受胎前には全然つらなかった手法でも受胎がすすむにつれ、就寝中などにぶらりとつり易くなります。

 

その原因として言えるのは受胎によるウェイトアップだ。受胎中頃はおなかのベイビーの上達と共に体重が増え、それにより足にかかる負荷も大きくなります。

 

そのため受胎前より足の筋肉が疲労しやすく、その疲れの貯金により筋肉が緊張してつり易くなってしまうのです。

 

また、寒気や血行不良、リンパの流れが塞がることも要因のグループだ。

 

受胎中頃、中期以降はおなかが急激に大きくなることにより、体の下半身です足への血管やリンパはプレスされやすくなるため、流れが塞がり易くなります。そうなると血行不良を起こしやすく足は冷え易くなります。

 

足がつる,受胎まん中,原因

 

そうなると筋肉も懸念しやすく、僅か疲れただけでつり易くなるのです。また、栄養不完全も一つの要因です。

 

受胎中頃、妊婦氏が食べた栄養はおなかのベイビーにも得る結果、きちんと食べたつもりでも栄養不完全の場合が多くあります。

 

その中でも別にカルシウムやマグネシウムなどのミネラルグループは体内の周りをスムーズにするために必要な栄養素ですが、不完全しがちです。

 

すると、体内の周りがスムーズにいかなくなり、足がつるという見た目が現れやすくなるのです。

 

このように受胎中に足がつる原因はウェイトアップによる疲れ貯金や血行不良による冷え、ミネラルグループなどの栄養不完全などです。

 

そのため、対処法としては足を冷やさないことや筋肉を取り回し易くやる栄養素を充分摂取することが有効です。

 

足がつる,受胎まん中,原因

 

寒気対策としては素足を出さないようにしたり、貫く時は膝掛けによることがおすすめです。

 

また、栄養素としてはカルシウムやマグネシウムをきちん含めることが有効です。

 

カルシウムは筋肉や逆鱗の行為をサポートし、マグネシウムには筋肉の動きを調整するため疲れの貯金を防ぐと共に筋肉痛を緩和する効果があります。また、適度に足のマッサージをするのも有効です。

 

マッサージをするため血行やリンパの流れをスムーズにすることができるので、溜まりがちな体内の周りを見直し、足がつるのを防ぐことができます。

 

このように妊婦氏はおなかが大きくなるにつれ、足がつり易くなります。

 

そのため、そんな見た目を予防するためには妊婦氏も適度な運動をすると共にミネラルバランスのとれた夕食をすることをおすすめします。

 

また、疲れが蓄積しないみたいマッサージをすることもおすすめです。

 

足がつるTOPへ